酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



<   2011年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


日本酒は日本の風土から生まれた。

最近、韓国のマッコリの話題がとても多いのですが、同じアジア圏、同じようにお米の醗酵食品としてのお酒なのに、似ているようでどうも違うような感じのする日本酒とマッコリなのですが、なぜなのでしょう。

私が思う最大の要因、それは漬け物です。
実は日本酒はこの漬け物からものすごいヒントを得て、そうしてこの日本酒が生まれたといってもいいくらいなのです。
もちろん、江戸時代のお話ですよ。
そこから、「生もと仕込み」が生まれたから日本酒として確立していったのだと思います。

それに、ワインと日本酒も、同じ醸造酒であり蒸留酒(ウイスキーとか焼酎)ではないので、よく比較されます。

でも、どれもアルコール発酵という部分はそりゃ同じですけれど、土台の作り方が根本的に違うのだと思います。

ワインであれば、よい葡萄を収穫すること、それに尽きます。
それを日本酒に当てはめて、なぜ日本酒の原料であるお米はそれ程の認識がないのかといぶかれたりします。
別に、粗悪な米で美味しい酒を造ろうとしている訳ではないでしょう。
より良い原料となるお米が収穫されるように田んぼで見守っていますよ。

マッコリに話を戻します。
実は今日、生のマッコリが届きました。
韓国では、マッコリは生で流通しています。
ちょっと聞いた話を書きますね。

マッコリを造る蔵元さんは、通常、配達を行わないそうです。
そうです、仕入れ業者が取りにくるのです。
小売り店、飲食店がトラックで仕入れにくるのです。

その位、全国に小規模なマッコリの蔵元さんがあるそうです。

要するに、家業レベルのところが多いのだそうです。

ならば、どうして日本でここのところマッコリがこれ程の話題になったのか。
それは、昨今の韓国ブームから、マッコリが輸入出来ないのはどうしてなのかとなり、生マッコリのままを輸入して市場で流通させることが出来ないので、これをクリアーするべく対策がなされた結果なのです。

どんな対策がなされたかは、メーカーサイドの情報にてご確認くださいね。
私はちょっと控えます。

え~と、日本酒の話ですが、要するに日本の醗酵食品はほとんどが影響し合っているのです。
麹文化として味噌、醤油。つまり、カビの文化ですね。
そして、乳酸発酵食品の漬け物。乳酸菌の効用ですね。
こうゆうところからヒントを貰っているから、今の日本酒が出来あがったのだと思います。

だから、日本酒は日本の風土から生まれた文化が育んだお酒なのです。
ホント、すごいと思います。
はっきり言って、めちゃくちゃ優秀なご先祖さまですよ。
誇りに思わなくてどうするのって思います。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-26 13:32 | 日本酒

ルーシー・リー

今日、ルーシー・りーの展覧会が三重県において2月末から4月中旬まで行われるということを知りました。
もう、これだけは見逃したくありません。

ルーシー・リーを知ったのは、約2年程前でした。
確か、何かの雑誌で見て、衝撃を受けました。
そして、時を同じくして、NHKの美術番組で放映されました。
このルーシー・リーを日本に紹介した方が色々と活動されたようです。
その後、東京や茨木で展覧会が行われたのですが、足を運ぶことが出来ませんでした。

兎に角、テレビの画面から見た彼女の作品は、私の感性を揺さぶりました。

何を隠そう、この時の衝撃で、このホームページをもう一度やり直そうと思ったのですから。
当サイトにお越し頂ける方に、良いサイトだなあ~、と思って頂きたい。
そうゆうサイトを作りたい。
そして一度上手く行かなくて、再々のチャレンジで今に至っています。

諦めなかったのは、このルーシー・リーの作品を見たからなのです。
何がそんなに良いのかですって?!
う~む、こればかりは感じるモノがあるかないかですからね。
言葉では中々上手く表せないのですが、

スマートなフォルム
深い芸術性
独特の完成された美しさ

今度はお隣の三重県ですからね、これは見逃せません。
ハイ。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-23 16:48 | 個人的な見方

相互リンクの依頼を受けました

又、相互リンクの依頼を受けました。

森のコーヒーさんです。

で、森のコーヒーさんのページへリンクすると、そこは購入された方のコーヒーの感想がブログに書かれていました。
レビューサイトって言うんですね。
で、本体のページは、もうすごくてびっくり。

インターネットでのコーヒー通販では、きっと有名なのでしょうね。
私は、友人の焙煎するワンドリップコーヒーを飲んでいるので、探すという事がなかったので存じ上げませんでした。
これが美味い。
友人のワンドリップコーヒーは、手で詰めてそれを商品化しています。

ああ、森のコーヒーさんの話に戻します。

ネット通販をしている人なら知らない人はいないという感じです。
私くらいのもんです。
存じ上げなかったのは。

こんな有名サイトから、当サイトのようなところに相互リンクの依頼を頂きまして、ホント、感謝しなくてはなりません。
誠にありがとうございます。

早速に掲載させて頂きました。
こちらのページです。

ネットで有名なサイトとはこうゆうサイトのことなんだなあ~、と感心してページを拝見させていただきました。
まあ、こんなにすごいことは私には到底無理ですが、ご縁を頂き有り難いと思います。

皆さん、ぜひ覗いてください。
よろしくお願いします。

それから、森のコーヒーさんにおいて当サイトが紹介されているページはこちらです。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-21 22:00 | 個人的な見方

理想の売り方

昨日(19土)は夜に、ある方と理想とする販売形態について話をしていました。
え~と、お酒の業界の方ではありません。

納得のいく商品を、満足いくカタチで提供するにはどうすればいいのか。

今の世の中、売上の数字を追いかけるあまり、消費者不在のまま、売れる商品開発に奔走しています。
そしてそれが成功している企業とみなされます。

でも、個人商店なのだから、その中に入ってみても評価なんてされるのかなあ~、と思ってしまいます。
ならば、もっと納得のいく理想の売り方を考えてやってみよう。

私も、ある程度まではその方向できています。
でも、完全にふっきれていたかといいますと、ちょっと心もとない状態でした。

お酒は嗜好品だから、飲む人の好みでいい。

こうゆうスタンスから離れること。
そして理想とするのは、当店が認めた良質で美味しい酒を、ハイ、そうゆう商品を販売する。

すると、ここで立ちはだかる壁があります。
何を以て、良質で美味しいというのか、というものです。

言葉にすると、誤解されかねない文章になることもあります。
だから、中々踏み込めません。

でも、やはり「良質で美味しい」とは何かをテーマに商いをしていきたいと思います。

頑固だねえ~、とか言われたくありませんよ。
扱いたい商品は、極めて普通に皆様に伝わる「良質で美味しい」お酒です。
そして、調味料です。

別に、頑固でも、何だかすごいこだわり派、でもないと思います。
私の中では、極めて自然です。

お客様の満足。

こだわるならこちらでしょう。
その為に、「良質で美味しい」商品を提供できることが一番いいのだと思います。

又、前に進むチカラが湧いてきました。
ありがとうございました。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-20 09:52 | 個人的な見方

消費税

18日(金)消費税の計算を終えました。
本則課税と簡易課税という2つの計算方法があります。
私、本則課税で申告しています。

こう言いますと、ちょっと驚かれる方がおられます。
え~、そんなこと自分でやってるの?!
大変でしょ。

一番最初、消費税の申告の時に、この辺りのことをよく考えずに「本則課税」を選びました。
だから、始めから本則しかやったことがありません。
だから、これが大変なことなのだと知ったのは、ホントは今日かもしれません。

私は、個人商店なので青色申告という形式で申告するのですが、地域に「青色申告会」という組織があって、そこに加入して指導員の指導を仰ぎながらやっています。
今日はその会に行って、指導に来ておられた税理士さんとお話しながら、自らの行った計算をチェックしてもらいました。
すると、最後に、本則でやる人は滅多にいないので、とおっしゃるではありませんか。
え~、そうなんですか。
だって、税務署から届く申告書類を元にこうして計算するものだと思っていました。

実は、この計算のやり方とその説明に、ホント戸惑っていました。

一般的に、とにかく消費税は複雑で難しいから、解らなくて当然だと言われます。
複雑とか難しいとかと言うよりも、私には理解に苦しむ部分がありました。
そこのところで、最初はホントに困りました。

今日、その部分の話をしたところ、おっしゃることはよく分かりますと税理士さんもおっしゃいます。

じゃあ、私にとって理解不能?な部分があるのに、どうやって計算するのか。
それは、解釈の仕方ということになります。

ここの部分はこうゆう解釈で、こうゆう計算式で行いました。
という訳です。

別に勝手なやり方をしていませんよ。
税務署の方ともお話して、納得済みですよ。

でも、今日の税理士さんは、色々と勉強になりました。
先程の部分以外にも、私の計算の勘違いを指摘してくださいました。
いやあ、これで又、精度が上がりました。
ありがとうございました。

もちろん、国に逆らうつもりはありませんから、これからもがんばって計算して申告していきます。
でも、計算を終えたので、ちょっとホッとしています。

やれやれ。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-18 19:49 | 個人的な見方

キリッと辛口

16日(水)
初めてのお客様にご来店いただきました。

キリッと辛口がいい。
そう、おっしゃいます。

こうゆう買い物の仕方が正しいと思います。
しかし、お酒の説明としてはその方にぴったりのご案内が中々出来ません。
これが、日本酒をとても分かりにくくしています。

「これが、そのキリッと辛口のお酒です。」と言って売ってもいいものは、そりゃ、ありますよ。
一応は。
でも、ちょっと微細なことを言いだせば、その方のおっしゃるニュアンスのものかどうか、分かりませんからね。

少し、お酒談議をさせて頂きました。
そして、商品ごとにちょっとした違いを説明させて頂きました。
とても、よく話のわかるお客様でいらしたので良かったです。

結果として、「菊石・春待ち酒・純米酒」をご購入頂きました。
ありがとうございました。

キリッと辛口については、後で少し書きたいと思います。(続く)
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-17 09:54 | 日本酒

泡盛

泡盛の試飲会に行ってきました。
私自身、泡盛のことはほとんど分かっていないので、少しでも理解が深まればと思って行ってきました。
アルコール分が40度以上ある原酒の3年物が、甘みさえ感じて美味しかったです。
それと、メーカー間の味の違いもかなりありました。
どうしても、泡盛というジャンルで一括りにして見ていたので、私にとっては収穫でした。

飲むときは水で割る。

アルコール分を10度位にして飲むようにして割る訳ですが、薄まった感があまりないのには驚きました。
泡盛と言えば、古酒、ク―スー ですが、この時も、先に水で割って25度にしてあるものを寝かせていました。

最近は沖縄に遊びに行く方が増えて、泡盛の美味しさの認知度もかなり上がっているので、酒販店として遅れないようにと思って、今日は、泡盛入門してきたというところです。

ご案内出来る日が来るといいのですが。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-16 20:50 | 焼酎

詩集

d0155465_839437.jpg
水野朝さんから詩集をプレゼントされました。
そう、この詩集を出されたご本人から。
ちょっと、すごいことかも。


その中の1節に

マイケル・ジャクソンのDVDを買った。
ファンでもなんでもないのに。
友人から、どうして購入したのと訊かれる。

超一級品が好きだ。
自分もそうありたいからか。

熊谷守一のように
マイケル・ジャクソンのように
中村正義のように
父のように
すてきな人生を終えたいからだ

というくだりがありました。


ここに、熊谷守一の名を見つけて、ああ、この人と縁があってよかったなあ~、と思いました。

熊谷守一と言いますと、私には「アゲ羽蝶」が連想されるのですが、こうゆう油絵以外に、この方の「書」を見たときには、何故か全くピンときませんでした。
全然上手くない。
ちょっと見た感じは、ヘタだなあ、という印象。
う~む。
まあ、芸術を見る目が私にはないのかもなあ。

その後、この方のことを知るに付け、じょうず、ヘタ、ではない作家の想いの表現を知りました。
かなりの衝撃を受けたのを覚えています。

今、ホームページを自分で作っている訳ですが、この熊谷守一という方の見方に習ってといいますか、プロが作るようなページを目指すのではなく、伝える、伝わるページでありたい、そこにはじょうず、ヘタ、ではない世界でページを作りたいと思っています。

それから、ここに出てくる中村正義という方は、この水野朝さんの師匠であり、この世界では有名な方なのだそうです。
知る人ぞ知る芸術家さんだそうです。
ちなみに故人です。

水野朝さんは、当サイトのリンク(さまざまな出会い)にて紹介しています。
彼女のホームページもご覧なさってください。




[PR]
by happy-breeze | 2011-02-16 08:39 | 個人的な見方

この品揃えは一体?!

今日は、新規のお客様、それぞれにお二人ご来店頂きました。

そのお一人の方とは、日本酒、ワイン、そしてたまり醤油に関して色々とお話させて頂きました。
当店の品の揃え方に、私の事を何を考えている人だろう、という感じで見ておられたのですが、最後にはすごく納得して頂いたご様子でした。

その話の内容よりも、至極当たり前のことを書きます。

真面目に、勤勉に、仕事に励んでいて、その道で努力している。
こうゆう姿が、尊いと思います。
当店の商品の造り手のほとんどの方は、こうゆう方たちです。

そうゆう姿勢で取り組み、美味しい商品なのに、人の口に入る機会が少ないブランドであるというだけです。

もちろん、手造りを謳っていても、ちょっと扱うにはそのレベルにないかなあ~、という商品はありますよ。
そこを突き抜ける努力をして欲しい訳ですが、その努力が実った時、という事は、人が美味しいと認めて買ってくれた時ということになります。

その場を提供させて頂くと共に、お伝えする役割をさせて頂ければと思っています。

ですので、ちょっと有名になった銘柄であることなど、私には関係ないのです。
飲み手の方が判断されることが一番よいのです。

よろしくお願い致します。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-14 17:52 | 個人的な見方

飲料メーカーのポッカさん

飲料メーカーのポッカさんが、サッポロビールの子会社になるそうです。
私は、このニュースを聞いて、良かったなあ~、と思いました。

ポッカさんは、ここ5年間、その株主は某ファンド会社でした。

ちょっと小耳にはさんだところでは、
この5年で業績を上向きにしてください。
そうしたら、良い提携先が見つかりますよ。
もしダメな場合は、分社されたりして大変なことになりますよ。
という感じだったらしいです。

サッポロといえば、あのアメリカの投資会社が手を引いてくれたばかりです。
良かったなあとの思いでそのニュースを聞いたのを覚えています。
そして、このニュース。
いやあ、ポッカさんもサッポロさんもお互いに良かったのではないでしょうか。
タイミングってあるんですね。

サッポロさんもここで他のビールメーカーに対し、追撃ののろしを上げなければもう時間がないって感じだし、ポッカさんはこれでじっくりと営業活動が出来ることでしょうし、いやあ、良かったです。

あ、あのう、当店は昔からこの両者にお世話になっています。
それでの感想です。

他のビールメーカーさん、飲料メーカーさんに対し、何ら他意はございません。
[PR]
by happy-breeze | 2011-02-13 20:11 | 個人的な見方


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧