酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



<   2012年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2012年11月29日日記

2012年11月29日
お客さんと衆議院選挙の話題から
今の時代、山岡鉄舟のような人物が出ないからねえ。
なんて話になりました。


江戸城無血開城の立役者

「生命もいらぬ、名もいらぬ、金もいらぬ、といったような始末に困る人・・・」

西郷隆盛が勝海舟に言ったという山岡鉄舟への評価です。

なぜにあのような人物が生まれたのだろう。
いくら武芸に秀でた才能があるからといって、そんなに簡単にあの境地にはいけませんよね。

**********

山岡という苗字は、養子に行ったからなのです。

え、そうなんですか。

彼が尊敬し私淑した武道家「山岡静山」の妹さんが彼の奥さまです。

それで、「山岡性」なのですか。

***********

彼の剣の師匠「浅利又七郎」には20歳台のころに出会って完膚なきまでに叩きのめされます。
そして弟子入りします。
そうして時が経つのですが、鉄舟が50歳を過ぎてもどうしても勝てなかったそうです。

その乗り越えられない師匠をとうとう乗り越える時がきます。

まあ、その道のりに「禅」と「書」があるようです。
山岡鉄舟と言えば、剣の達人であり、書の大家であり、禅の修行者。

彼が師匠を超える為に行った努力がそのまま彼を創っているとも言えます。
そして、何といっても「山岡静山」の存在です。

まあ、山岡鉄舟に関してはその道の研究者もおられるようですので、私がここに書いてもちょっとはずかしいのでこの辺りで止しますね。

だって、彼の存在を知って感化された内の一人です。
何て言うのはそりゃねえ。
言い出しにくいですよ。

それでもやはり私は「山岡鉄舟」を知ってからですからね、何とか踏ん張って「酒屋稼業」をやっているのは。

ああ、ホント、この辺で。

2012.11.29
日記でした。








[PR]
by happy-breeze | 2012-11-29 21:29 | 個人的な見方

忘年会で歴史話。

先日、地元の同級生と
一足早い忘年会を行いました。

隣に座った同級生と歴史話になった時


征夷大将軍って
源頼朝が最初で
武家支配の世の中になった

と思っていたら

彼は
いや、それより前に征夷大将軍になった人はいるというのです。

そうなのかなあ~

征夷大将軍という位は
要するに
今で言う総理大臣でしょ。
どうもおかしいなあ~。

つまり、征夷大将軍という位はその前から存在していたけれど
武家支配の世の中になったので、世に知られたということのようです。

そんなあ~。

一番偉い人じゃないの?

それから
源氏が・・
平家が・・
と話が尽きませんでした。

う~む。
また、歴史をもっと見ていきたい。
そう思いました。



2012.1129
日記でした。





[PR]
by happy-breeze | 2012-11-29 17:54 | 個人的な見方

困難にありがとう。

2012年11月28日(水)
無事パソコンが入りました。
その新しいパソコンから入力しています。
しかし、メールアドレスを3つ持っているのですが、2つのメールアドレスの受信が上手く行きません。
すんなりとは移行してくれませんね。

そんな時に実は、数日前に仕事上でちょっとしたトラブルがあり、担当者レベルでは話が付かなかったので、お偉いさんに来てもらいました。
パソコン業者が設置作業をしているその同じ時に、話をしていました。

そちらはすんなりと話が付いて、後はまあ雑談をしていたのですが、その時に昨日のテレビで言っていたことが話題になりました。

困難な目に合う。
それは誰でもいやですよね。

しかし、難の前に有るが付いて、「有り難う」となるのです。

ええ~、すごい解釈。
初めて聞きました。

困難にありがとう。
と言える。

すごい。

その困難を乗り越える為に努力や工夫をする。
困難を克服することが出来る。
それで人として成長する。

だから、困難に出会って有り難う。

いやあ~、今日は勉強になりました。
これは、パソコンの入れ替えをした日の出来事として覚えておこうと思います。

ありがとうございました。

日記でした。








[PR]
by happy-breeze | 2012-11-28 22:06 | 個人的な見方

パソコン本日入れ替え作業

2012年11月28日(水)
本日、パソコンを入れ替えします。

少しは快適な状況になってくれると思います。
とっても期待しているのですが。
どうでしょう。

よろしくお願いします。





[PR]
by happy-breeze | 2012-11-28 09:02 | 個人的な見方

酒類管理研修を受講してきました。

11月25日(日)
酒類管理研修を受講してきました。

これは、3年に一度実施されており、お酒売り場にはこの講習を受けた人が一人いなければなりません。

つまり、スーパー・コンビニあるいはドラッグストアーさんがアルコール類(お酒)を販売している場合は、その店の誰かがこの講習を受けていなければなりせん。
要するに、お酒売り場の責任者はこの講習を受けている必要があるのです。

この制度はとっても良いと思います。
受講する義務が課されている訳ですからね。

本当はもっと厳しいルールを定義してもいい位だと思いますよ。

お酒の売り場、売り方、そこに資格を持った人がいる。
薬剤師とまでは言いませんが、それに準じるような捉え方。

まあ、そこまでは無理ですね。

でも、お酒を売ると言う行為をもう少し厳格にした方がいいと思いますがねえ~。

スーパー・コンビニあるいはドラッグストアーさんがアルコール類(お酒)を販売される場合は、そうですねえ、アルコール度数に制限を持たせるとか。
つまり、アルコール度6度までとか。
要するにビールまでしか販売出来ない免許上の規制があるとか。

その上で、こういう講習の受講が義務付けられている。
そんな感じ。

アルコール類(お酒)を販売するということは、すごく責任があるという自覚。
それを普通に一般社会にも同じように感覚的に捉えてもらう。

つまり、いつでもどこでも全てのアルコール飲料(お酒)を買う事が出来るということは、それはやはり無いでしょう。
という感覚。

何がしかの制約や規制はあるでしょう。
だって、お酒なんだから。

こういう感覚の方が普通だと思います。







[PR]
by happy-breeze | 2012-11-26 20:34 | 個人的な見方

スパークリングワイン(その1)

d0155465_2022190.jpgスパークリングワイン(その1)

年末に向けてご案内するべく、千円台で美味しいスパークリングワインを探していました。

アンリ・メール・ロワイヤル・ペルレ・ブリュット・ブラン・ド・ブラン とロゼです。

ブラン・ド・ブランの品種はシャルドネです。
(ちなみにブラン・ド・ブランとは、白ワイン用葡萄品種で造られたスパークリングワインです。)
(赤ワイン用品種のピノ・ノワールを使っていたりすると、ブラン・ド・ノワールと言います。)
(赤ワイン用品種のピノ・ノワールを使っている白のスパークリングワインということです。)

そしてこのワインは、フランスのジュラ地方のワインです。
ちょっとなじみが少ない地域ですが、このアンリ・メール社は名門として名高いワイナリーです。
期待してください。

商品は入荷しています。
店頭にてお買い求め頂けます。







[PR]
by happy-breeze | 2012-11-26 19:59 | ワイン

ドイツワインでご案内したいものがあります。

ドイツワインでご案内したいものがあります。

2012年11月23日(勤労感謝の日)

今日、大切なお得意様に90年代のシャト―物をお買い上げ頂きました。

当店は、もうかなり前から、シャトー物やマスコミで有名になったブランドものを仕入れることがありません。
ですので、10年以上前に仕入れておいたワインです。

今は、かなり自分勝手?なワインが多いかもしれません。
でも、私としてはとっても普通に良い物を見出したいとの想いで行っています。

*****

あるポムロールの赤ワインが紙に包まれて価格も表示しないままにしてありました。
それは、え~と、試した時に、全く味が出ていなかった(味が乗っていない)ので売るのはもうしばらく待とうと思ってそのままにして置いたワインです。
1万位のお値段のワインで数年前に12本仕入れました。

(味が出ていなかった)
(味が乗っていない)
こんな表現はあまりワインではしませんよね。
でもそう思ったのだから仕方ありません。
日本酒のチェックの仕方は私的には当然ワインにも応用しています。

*****

そんなワインの品揃えに対して、
その方から言われました。

また、面白いモノ、見つけて下さいよ。
と。

そこでようやくあのワイナリーを・・
と思いました。
実はドイツワインでとってもご案内したいワイナリーさんがあります。
現在ドイツワインは、フーヴァーさんの企画の辛口白ワインをネットでご案内しておりますが、
もう一人、おられます。
素晴らしい蔵元さんが。

これは何とかしなくては。
高いので、仕入れても売る自信がありませんでした。
(確かリースリング種のQbaで4千円位です。)

背中を押して頂いた。
そう、思いました。

丸又商店オンラインショップに載せる作業が出来ればとは思いますが、何せ12月ですので、時間が作れるかどうか。
う~む。

兎に角、来月には数点、仕入れます。

お楽しみにお待ちください。

よろしくお願いします。







[PR]
by happy-breeze | 2012-11-23 21:12 | ワイン

スペインの赤ワインを試しました。

d0155465_159691.jpg2012年11月23日(金)
スペイン産の赤ワインを試しました。

とっても陽に当たっているなあ~、この葡萄って感じがします。
とっても昔から普通にある、美味しい赤ワイン。
そんな感じです。

まあ、言ってみれば素朴。
でもちゃんと押さえるところは押さえてある。
つまり、味の整え方もちゃんとしている。
これで、千円台後半のお値段。
もう言う事なし。

私は、こんな味の赤ワインこそ、もっと普通に飲まれるべきだと思っています。

少し前のブログの記事でご案内した、バッグインボックスのワイン。
その中味はスペイン産でした。
それは、もっと安価なワインでしたが、今日試した赤ワインに通じるモノがありました。

(その時に書いたバッグインボックスのワインは、輸入業者さんの都合で今は輸入されていません。)
(でも、こういう事ってホントどうにかならないのですかねえ。)
(中味がとってもよかったから残念で仕方ありませんよ。)


その感覚は、う~む、そうですねえ。
合わせる料理を考えなくていい。
つまり、赤ワインが欲しいなあ。
そう思った時に飲めば、それで事足りてしまう。

ちょっと料理を食べた時、そこにそんな欲求が湧いた時。
ライトなワインが合うとか、ボディのしっかりしたのがいいなあ~とか。
そんなこと考えなくて。
そう、これはちょっと赤ワイン、欲しいよ。


こういう味こそ、もしかしたら原点じゃないのって思います。


テロワール(地域特性)とか葡萄品種による違いとか。
ライトとかミディアムとか。
そんな小難しいこと、別にいいじゃん。
って。


赤ワインってこういうモノだよって。
とっても普通に美味しく飲める。

ワインはお勉強して飲む飲み物ではないなあ~。
と思わせてくれる。
誰でも美味しく飲める味とでもいうのでしょうか。

そんな味の赤ワインでした。






[PR]
by happy-breeze | 2012-11-23 15:09 | ワイン

パソコンが不調なので買い替えたいと思います。

パソコンが不調なので買い替えたいと思います。
もう、フリーズしまくってくれます。

丸又商店
丸又商店オンラインショップ
と別にホームページを作っていますが、「丸又商店」サイトの方が新規に商品案内出来ない状態です。

パソコンに問題があるのでしょうか。

そんな状態ですので、
パソコン本体、スキャナー、プリンター、もう画像ソフトも、全て買い替えます。

実は、今使っている画像ソフトはフォトショップではないのです。
まだ、画像ソフトでどのソフトが良いのか知らなかった時に勧められるままに購入したソフトです。
一応、バージョンアップもしましたよ。
まあ、通常の使い方はたぶんフォトショップとほとんど変わらないと思われます。
ところが、立ち上がるのにものすごく時間が掛かるようになりました。
5~10分はもう当たり前に待たされます。
30分位、掛かったこともあります。
幾らなんでもこれでは使いものになりません。

ホームページビルダーも最新のバージョンにしなくてはと思います。
なにせ、ホームページビルダーの一部の機能しか使わないのでかなり古いバージョンのままです。
それで今までは間に合っていました。

でも、バージョンアップしないと新しいOSに対応してくれないでしょうからね。

本当によくここまで出来たものだと自分でも感心します。
でも、今使っているこのXPの機種には感謝の気持ちで一杯です。
ホント、よく働いてくれました。
この機種と一緒に今のサイトを創ってきた。
そう言える位に働いてくれました。

ホントにありがとうね。


それから、私のホームページはバナーを多用していません。
ソフト、う~む、どうしようかと迷ったのですが、私は私、これでいい。
なので、機種は新しくなりますがホームページの内容とかイメージとかは特に何も変わらないと思います。

まあ、そんなこんなで何とかやっています。
今後とも当サイトをよろしくお願いします。




2012.11.22
日記でした。







[PR]
by happy-breeze | 2012-11-22 21:26 | 個人的な見方

ちょっと一服

d0155465_1981222.jpg
ちょっと一服

九州は佐賀県の矢野酒造の奥さまが趣味で創っておられる切り絵を頂きました。

左の線が「目」で、ほっぺがちょっと赤く。
右の巻いている線が「尻尾」でしょうか。

ほんわかムードが漂ってきます。

やはり、ちょっと一休みすることも必要ですね。

ところで、これは一体どんな動物?
羊かな、うさぎ?いやブタかな。
もしかしてねずみ?
まあ、こうして想像するのもいいもんです。

一服の時間が持てました。
店の空間がなごみます。

ありがとうございました。






[PR]
by happy-breeze | 2012-11-18 19:08 | 日本酒


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧