酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


美味しいシャブリ

2014.04.23(水)
2日続けてワインの試飲l会に行ってきました。

昨日はシャブリの生産者さんがブースに立っておられました。

ワインは難しい。
その判断が難しい。

そう言われていますよね。
だから、勉強しましょう。

でもね、ワインを試す時、先入観を持って試さない方がいいと思います。

素直に感じる。

この方にこそ値打ちがあると思います。
そこを後追いで勉強する。

分からないことを勉強するといいますか、より理解するために勉強する。
調べる。

シャルドネという品種。
シャブリといえば、これこれこういう特徴がある。

ああ、ホントだと感じることもあれば、それ程でもない場合もあるでしょう。

レギュラー、一級のプルミエクリュ、特級のグランクリュとランクが上がった商品の場合。
その違いをどのように感じ、そして認識するのか。

上にいくと、コクが違う?
複雑味が違う?
個性が際立ってくる?

そういう先入観って、持たない方がいいのでは。

上にいくと
上質な味わいを味わうことが出来る。

じゃあ、その上質な味とは、どんな味?

これを無理にコメントにしなくてはって・・。

でもやはり、感じるでしょう。
いやあ、並級じゃあないねえ。
この上質な美味しさ。
素晴らしい。

これを、レベルを感じながら、数をこなしながら、覚えていく。

昨日会ったフランスからお越しの生産者さんのシャブリ。
いやあ、これは、センスの良い生産者さんだなあ~。
決して無理な味の出し方がされていない。

レギュラーシャブリは、ホント、バランスが絶妙でした。
プルミエクリュ、そしてグランクリュともに、それぞれ骨格のしっかりしたタイプとスマートでエレガントな味に仕上がっているもの。

いやあ~、生産者の
センスの良さがうかがえる。

でも決して狙っていない。
そういうことを感じさせない。

無意識に感じる、その感覚。

ワインは芸術品。
そう言われる所以でしょう。

こういうフランスワインを飲むと、和食に合いますよって売り込みたくないなあ。
やっぱりフランス料理と一緒に飲みたいです。

美味しいワインに出会うと
ワインは知識で飲む飲み物ではないなあ~って思います。
[PR]
by happy-breeze | 2014-04-24 21:45 | ワイン

オーストリアワイン

2014.04.22(火)
名古屋市内で行われたオーストリアワインの試飲会に行ってきました。

ドイツのお隣。
クラシック音楽の国。
そんなイメージのオーストリアですが、いやあ~美味しいワインが揃っていました。
ちょっとびっくりです。

リースリング種のワインでも、ドイツワインでも、フランス産アルザスのワインでもない。
この国ならではの味わいでした。
その中に
5,000円クラスの美味しいリースリング種の白ワインがありました。

落ち着いていて、上品、それでいて色々な要素が詰まっている。

五千円もさもありなんという感じです。
しかし、
この味を私には今までのワイン用語で上手く表すことが出来ません。

きれいな酸。
複雑味。

この言葉じゃあないよなあ~。
う~む。
どうもイメージが伝わらないなあ~。

でも、とても素晴らしいワインだと感じました。


ところで、
このオーストリアワインは日本の料理にとっても合うと思いました。

日本料理屋さん、寿司屋さん、てんぷら屋さん。
こういうところで扱われるべきでしょう。

今日、こうしてオーストリアのワインを試して感じました。
日本でのワインの展開が少しづつ変化してきているような・・・。

理屈じゃあないなあ~って。

何でしょう。
素直になれる。

オーストリアワイン。
良いですねえ。
[PR]
by happy-breeze | 2014-04-22 20:01 | ワイン

新たにシャンパンをご紹介できるようにするつもりです。

シャンパンに付いて、数日前に少し書いたのですが、シャンパンは何と言っても有名ブランドが多くあります。

でもまあ、私が扱ってもあまり意味がありません。

そこで
新たにこれはと思うシャンパンをご紹介できたらいいなあ~と思っています。

というより、する予定です。

今年2月に知り合った新しい輸入会社さんの商品です。

連休明けには、なんとかしたいと思います。

よろしくお願いします。

2014.04.21(月)
[PR]
by happy-breeze | 2014-04-21 22:18 | ワイン

ワインの試飲について思う

来週は、業者を対象にしたワイン試飲会の予定があります。

この時に行うワインの試飲について思うのですが、一体どのようなことを観ながら行うのでしょう。

それから、昔から、「ワインを覚えようと思ったら、そりゃあ~、兎に角たくさん飲まないとね、分からないよ。」
と言われてきました。

いやあ~、どうなんでしょう。


私?

どうしてるの?
ですかって。

いやあ~、何もないですよ。

まあ、素直に感じるように。

そこを気を付けています。
ハイ、それだけです。


プロのチェックの仕方は、これこれこうするのです。
何て私、言いませんから。


ならば、素人と同じことなのか?
ですよね。

ここが一番難しいところといいますか。
お伝え出来ない部分といいますか。

だって、最終的には消費者の方にその味の良さが伝わらなければなりません。

いくら、色々と専門用語を並べてコメントしてみてもですね。
ハイ。
それを行うことが目的にならないように気を付けています。


2014.04.19
[PR]
by happy-breeze | 2014-04-19 21:23 | ワイン

見直そう、みそ汁の効用.

見直そう、みそ汁の効用!!

という記事を見つけました。

http://www.jiji.com/jc/v4?id=20131122misoshiru0001

いやあ~、良い内容でとても参考になりました。

現在、当店では「味噌」の案内が出来ておりませんので、ちょっと申し訳ないかなあ~という気持ちです。
[PR]
by happy-breeze | 2014-04-16 11:12 | 食品

オンラインショップ用画像撮影

オンラインショップ用の画像を撮影しました。
d0155465_1323289.jpg

[PR]
by happy-breeze | 2014-04-11 13:23 | 様々なご案内の記事

泡もの談義(その2)シャンパンの不思議

<泡もの談義(その2)>
シャンパンの不思議

というより、アルコール醗酵の不思議です。

シャンパンを造る時に「ティラージュ」という行為が行われます。

これは、ワインを造ってから、その出来たばかりのワインの瓶に「糖分」を入れます。
(その時一緒に酵母も添加されるそうです。)
この糖分が瓶内でアルコール醗酵をして、その時に生じた「炭酸ガス」が、そう、シャンパンの泡なのです。

「瓶内2次醗酵」と呼ばれます。

さて、この瓶の中に入れた「糖分」って何なのでしょう。
これ、「グラニュー糖」だそうです。
一般に市販されている「グラニュー糖」です。

ここで疑問が湧きます。

そんなことでアルコール醗酵が起きるのなら、自宅に「バケツ」と「水」と「グラニュー糖」があれば、後は酵母を添加すればお酒が出来るじゃないか?

と思ってしまいます。

ところが、これが起きません。

何で?

つまり、お酒は神秘な飲み物なんですね。
これだから面白い。


一応、これより先は研究者の方の分野です。
私は、これ以上は無理して探究しようとは思いませんので、ゴメンナサイ。

但し、何かの縁でこういう事に関する記述を目にする機会に巡り合った時には、又、このブログに書きたいと思います。

よろしくお願いします。



2014.04.10





[PR]
by happy-breeze | 2014-04-10 08:00 | ワイン

泡もの談義

<泡もの談義>

シャンパンって食事とどうなんですか?

突然に泡もの談義になりました。

実はシャンパンに代表されるスパークリングワインは、ちゃんとカテゴライズが出来ています。
そうです。
場面に合わせたマーケティングが行われます。

結婚式とかの乾杯。
華やぐパーティ。

この2つのシーンだけを捉えると、「食事と合う」とかいう概念はそれほど必要ではなくなります。

でも、実はシャンパンはとても幅広く食事に合うワインだと思います。

つまり、乾杯の時に飲むタイプは、そうですねえ、泡が気持ちよく感じながら、誰からも美味しいと言ってもらえるようなまあ標準的なもの。

華やぐシーンですと、花やくだもの、蜜のような香り。
味わいも、果実味が豊かな、ちょっと甘さを残して味に押しのあるくらいのタイプ。

まあ、カクテルの感覚に近いようなもの。

さて、食事に合わせて楽しむシャンパンは。

これは、いわゆる辛口タイプ。
ブリュットとかドライとか表示されるものですね。

ブランドブランと表示される、白ワイン用品種シャルドネ100%のもの。
そして、赤ワイン用品種のピノ・ノワールを使って造る白のシャンパン。

他にも色々、品種が使用されているもの。
多種多様?と言ってもいい位かな。

要するにかなりバリエーションのあるワインなのです。
シャンパンは。


そして、シャンパンと言えば、「瓶内2次醗酵」。

この瓶内2次醗酵がですね、ワインを造る方に聞くと、まあ簡単ではないそうです。

これで出来た「泡」こそが、シャンパンと呼ばれる価値ですからね。



2014.04.09




[PR]
by happy-breeze | 2014-04-09 08:47 | ワイン

消費税増税

消費税増税の為、値札の張り替え作業にへとへとになっています。

さて、ブログの更新はいつできるのやら。

大変申し訳ありません。
よろしくお願いします。


2014.04.04





[PR]
by happy-breeze | 2014-04-04 08:55 | 様々なご案内の記事


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧