酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



日本酒の香り

香り系のお酒はあまり扱われないのですか。
こう聞かれた時、なかなか上手く答えられないのですが、この香りという言葉、本来の日本酒のコメントから随分と隔たりのある言葉として使われているように思います。

日本酒の表現は、けなし言葉が多いので消費者の方に伝える場合、不向きだったりします。
それは、裏を返せば、市場に出す酒をチェックしているからそうなったとも言えます。
欠点、欠陥のない商品を世に出すのはメーカーの務めです。
つまり、造り手さんの作業現場から出ている言葉なのですね。

日本酒に香りの表現は、え~、ワインのような良い香りの表現はほとんどありません。
最近出回っている評判の良い香り系と称する、冷やで美味しいタイプの日本酒においては、まあ、それなりに色々と表現しているようですが、昔からの伝統的なお酒ですと香りの表現はほとんどありません。

しかし、これで良いのです。
誤解を恐れずに言えば、巷間いわれるところの香りなど元からないのです。
だってワインじゃないのですから、お米から造られるお酒なのですから。
だから、香りがよく出るようにと、そうなる酵母が開発されているのです。
う~ん、どんどん自然じゃなくなっているように感じます。

よく、消費者の人に例えて説明する場合は「ごはん」を例にとります。
最高との誉れ高い、魚沼産こしひかりで炊いたごはんと、まあ名もない安価なお米で炊いたご飯を比較した場合、片方にコメントとして「良い香り」という表現はするとは思いますが、あくまでも、かすかに香る美味しそうな感じの香りです。
ほとんど、すごく香りが良いねと表現するレベルまでいかないと思います。
(わ~、何この香り、すごい、なんてならないでしょ。)
(そして、そんな事がなくても、最高に美味しいという称号は与えられています。)
片方は、特に香りが良いねとはならないと思いますが、変な香りがすることもないでしょう。
この場合、表現としては、ほんと、魚沼産は美味しいわ、素晴らしいね、
では、もう片方はというと、特に何の感想も無いけれど、まあ普通に食べていますって感じですかね。

つまり、本来の昔からある日本酒に関しても、香りとはこんな感じの認識で良いのです。

つまり、「良い香り」という日本語の意味が同じように捉えられていません。
ここが、混同されているからおかしなことが起きるのだと思います。


つまり、別物なのです。
今、もてはやされている「香り系」の日本酒は。


菊正宗さんが、上撰720mlで営業されると聞いた時、ホント嬉しかったです。
純米酒が本来の日本酒の姿であるといえばそうですが、如何せん、この上撰という商品はその蔵のスタンダードであり、正に顔です。
醸造用アルコールの是非を問うことより何より、昔からの伝統的な造りのお酒です。
この灘の菊正宗さんの上撰は・・。

その酒の良さ、価値観をもっと上手に伝えて欲しいです。
燗をすると鼻につ~んと突くような刺激のある香りがするようなお酒が、この上撰なんだろ、と思っている人がとても多いのです。
良い酒は、そんなことは起きません。

安物の酒を、ヘタに燗を付けるとこうなります。
それで敬遠されて、今は冷やで美味しい「香り系」が人気となりました。

でもでも本来の日本酒の姿、良い味わいは、申し訳ないが「香り系」では堪能出来ないのです。

ここが伝えられない。
もどかしい。

菊正宗さんは、そこのところをやってもらいたいなあと思います。

香り系をけなしているのではありません。
あくまでも、違いをきちんと知っておいた方がいいと思うからです。
[PR]
by happy-breeze | 2010-09-01 18:50 | 日本酒
<< 香り 菊正宗さん >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧