酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



試飲の感想

うわあ、素朴感でてる。
いいわ~、こうゆう酒。
洗練されてないところが、う~ん、良い!!

え、常温で保管されていたんですか。

そうなんです。

だからなのですかね。
円みの雰囲気がとても自然で良いですねえ。


常連のH様とのやりとりです。
お酒は、肥前蔵心 生もと純米です。

それでは別のモノを・・、これがちょっと香りのあるタイプです。

う~む、こうゆう酒って、大概の場合、香りと液体が何かちぐはぐに感じるんですよね。
何でですかねえ。
そして、ほとんどがいわゆるキレが悪いんですよ。
これも、そうですね。

杜氏さんの、日本酒に対する価値観が元々違うんですかね。

う~む、まあ、時代の中で見失った価値を今まさに取り戻そうとしているのかもしれません。
Hさんと私は、元々の価値が別に言われなくても、こうして分かるのですが、その辺りがまだ多くの人には分からないと言う事なのでしょう。


先程の酒に関してですが、素朴な感じを褒めて頂いたのですが、この味で、レベルがB級のいわゆる田舎酒だなあ、とは思いませんよね。

思いませんよ。
とても、良い酒だと思いますよ。
腕の良い杜氏さんが造っているなあ、って感じがします。

ありますよねえ。
腕前が、これでは田舎でしか通用しないよって感じの酒。

それをこなしてレベルアップしていく中で、この香りのよい酒が登場してきた。
こうゆう酒を造ることが、腕のよい杜氏であると考えられているようです。

まあ、実際売れてますからね、市場では・・。

何か、腑に落ちないですね。


でも、こうゆう話って、中々蔵元さんに言えませんしね。

それじゃあ、ブログに書いてみます。
ちょっと、勇気要りますけど。


という訳で、こうして感想を書きました。
[PR]
by happy-breeze | 2010-09-19 18:57 | 日本酒
<< 絶滅危惧種の保存 残暑とひやおろし >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧