酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



菊石初しぼりもと試飲の感想

「菊石初しぼり・もと」を試しました。
本醸造のしぼりたての原酒です。

微かに感じる「白桃」や「杏」の香り。
菊石らしさですね。
このクラスの日本酒でそれを感じることはほとんどありません。

しっかりとした酸とすこし甘さを感じます。
でもちょっと「旨みののり」がちょっと感じづらいです。

でも、味の多いイメージはありません。
酸も上手く出て、それが味わいになっている。

要するに、くどく感じる酸の出方ではなかった。

こういう酒はやはり、調整加水して少し酸が練れてきた頃合いに燗を付けて飲むと、
素晴らしい食中酒になると思います。

こういうちょっと酸のある原酒は、冬の味覚、中でも「カキ」とかに合うんですよ。
おでんじゃなくって。

生カキならそのまま。
フライにしたら、レモン汁をかけて。

ウスターソースやマヨネーズですと、お酒にはちょっと合わなくなるかな。


昔から言われる「生カキにシャブリ」の理屈なのですが、
国産の生カキですと、この「菊石初しぼり・もと」のようなちょっと酸度の高い日本酒を合わせるとですね、その酸が調味料の役割を果してくます。

もう、「生カキにシャブリ」って言っている、その美味しい味わいが日本酒で体験できます。

もっと言いますと、大きな岩ガキなんかですと、このお酒をレモン汁の代わりとしてかけて食べると美味しいと思います。
酸の効用とは別にですね、日本酒は生臭みを包み込むように消してくれますからね。

北海道産の岩ガキになんか、良いと思いますヨ。
ハイ。


よろしくお願いします。






[PR]
by happy-breeze | 2011-12-08 22:13 | 日本酒
<< 酸度と酸味について 酸味のある日本酒。 >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧