酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



米宗(こめそう)山廃純米常温熟成酒入荷しました。

6月2日(土)
愛知県愛西市の米宗(こめそう)山廃純米常温熟成酒入荷しました。

早速、ご来店頂いたお客様にお試し頂きました。

「う~む、これ良い。美味しい。」
「熟成しているけれど、この香り、フルーティって表現してもいいような、何だろうこの香り。」
「常温タンク貯蔵って書いてあるけれど、熟成しているって感じがあまりしないですね。」
「もうちょうどピッタリの美味しさって感じですね。」

よろしければ、こちらに同じ原酒を冷蔵庫で2年ほど貯蔵したモノがあります。
お試しになりますか?

「あれ、全然良くないですネ。」
「味が乗ってないし、ふくらみもない。」
「美味しいっていう感想はちょっと出ませんね、この味だと・・。」
「これ、同じ酒なんですか?」
「こんなに違ってくるんですね。」
「熟成ってすごいことなんですね」

冷蔵庫で保管さえすれば良いってもんじゃないってことですね。
こういう、昔の造り方を行い、それを常温タンク熟成させて、そして尚且つ、古い日本酒のイメージではなく、現代に認められる味わいの酒を世に出してこそ意味があります。
ようやく、こういう日本酒が登場してきました。

味そのものが、「が~んとくる」とか。
「わ~、何これ、すごくない、インパクトあるわね~」」とか。

そういうお酒ではありません。

内に秘めた力強さが、決して表に出ることなく、その酒の良さを裏で支え。
そして、何事も無かったかのように美味しくなる日をタンクで待つ。
そこに、熟成したなあ~っていう感覚さえも無い。

決して、これ見よがしの日本酒らしさっていうイメージも無い。

ちょっと褒めすぎているけれど、これが本当の日本酒の価値。
私はそう思います。

日本酒は素晴らしい時代に入ったようです。





[PR]
by happy-breeze | 2012-06-02 22:41 | 日本酒
<< 麹華(こうじばな) ぽろさんからの電話 >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧