酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



あなたが酒を造るときっと・・

6月8日(金)

今日は、とっても長い時間、ある方と話をしました。

その方、
経済学、歴史、宗教とまあ話が止まりません。

私が話をしているのではありませんよ。
先方の方がお話されるのにお付き合いさせて頂いたのですが、キャッチボールが延々と続きました。

そこに、
日本酒談議がちょっとだけ入ります。

そうしていた時、こういう日本酒の捉え方が出来ているご主人(私のこと)がお酒を造る方に廻ったら、どうなるのでしょう。
そりゃきっと無理ですよ。
妥協なき職人でしょ。
ご主人の場合。


え~、そうですか。
自分では分かりませんが・・。

絶対そうですよ。
気が狂ってしまうんじゃないですか。


そうかなあ~。
まあ、造りたいと思ったことが無いのでよく分かりません。

味に付いて、意見を言わせてもらうだけですよ。
僭越ながらですね。
ハイ。

いやあ、それだけとは思えませんねえ~。

いえ、中に入って意見を言うようなことはしたことはありませんよ。
あくまでも、一線を越えた言動はしていませんよ。

但し、造っている方が、もしかして気が付いておられないようなことをこちらが先に気が付くこともあるのでですね、そういう場合は、それとなく言いますけれどね。

ただ、こちらの言うことの真意がお分かりにならないケースもあるので、そこが難しいですが。

だったら、自分で造ってみたらどうですか。
何て言われたりしませんか。

いや、まあ、それは。
無いですよ。

ホントですか。

「だったら、自分で造られたら如何ですか。」と、私に言う蔵元さんや杜氏さんがおられたとしたら、それはその段階で関係を放棄したのと同じです。

自分で造ったことも無いくせに・・。
そう思った蔵元さんとは、その後、お付き合いすることは無いでしょう。

そういう意味で言えば、先程の質問には「ある」と答えなければいけませんね。

でも自分としては、お酒を造る側に廻るつもりは毛頭ありません。
そういう立場を明確にして、お酒の味についてコメントをしているので、反感を買うようなことはほとんどありません。
お陰さまでほとんどの蔵元さんとは、有り難いお付き合いをさせてもらっています。

ほとんどの場合、意見を頂戴って求められますよ。
こんな私の拙い評価をですね。
待っておられる蔵元さんがいらっしゃいます。

*******

そんな会話があった一日でした。





[PR]
by happy-breeze | 2012-06-08 22:56 | 個人的な見方
<< 「小笹屋竹鶴純米生原酒」の割り... 家庭で作ろう美味しい純米梅酒 !! >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧