人気ブログランキング |

酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



品質と味わい(その2)

展示会(4)
品質と味わい(その2)

軽自動車に1500ccのエンジンを積む。
これやれないでしょ。

ワインも同じじゃないかなあ~。

走り。
もちろん良く走って欲しいですよ、軽自動車も。
でも、意味が違うでしょ。
走りの意味が。

クルマとしての基本的な捉え方は、そりゃ、軽自動車も高級車も同じですよ。
でも、同じ「走り」が良いと表現する場合。
全く同じに捉えないと思いますよ。

感覚的に言えば、
軽自動車は「キビキビ」と軽快に走って欲しい。
方や高級車は、「優雅に」「スムーズに」走る。
という感じでしょ。

ワインですと、高級ワインも600円のワインも同じ価値観で比べてしまう。
そういうのって違うと思うのです。

前項で書いた
スタートが違うとは
こういうことで伝わるのではないでしょうか。

600円のワインはやはり軽自動車でしょ。
そこに求められるものは何か。
そこがスタートであるべきだと思います。

600円から800円クラスのワインなら、もうコメントなんて要らない美味しさっていうのでしょうか。
これ、良いねえ。
これだけで良いのではないかと思います。

どう良いのか。
そんなこと上手く表現出来ないけれど、良いよこれ、800円だって。
う~む、美味しいよ。
これだけで良いと思います。

だから次はちょっと違う。
これ、良いよ。
これなら、プラス千円で、1800円って言っても分からないよ。
・・・・・・

こういう褒め言葉は、う~む、どうなのでしょう。
正しいもと言えるし、正しくないとも言える。

ワインというと、何かコメントしなければって感じがありますが、
そんな必要はサラサラない。
そういう美味しさってあると思います。
600円から800円位のワインなら。
その方が、私は正しいと思います。


香りも有れば有ったで良いし。
コクなんて特に必要ないし。

でも、美味しい。

そういうワインが600円から800円位の価値観だと思います。

そんな、どのように美味しいのか分からないのに、美味しいっていうワインの味って。
有るの?

ハイ、あります。

オールマイティに、いつでも、どんな料理でも、それ程考えない。
ああ、こんな時、ちょっと赤ワインがあると良いなあ~。
そこで登場するワイン。

そういうワイン。

こういうワインは、中々売り込んでもらえません。
だから、目立たないのですが、出会うとちょっとビックリします。

あれ、これ、何の変哲もないような味だけれど、いや、これ美味しいわ。
良いわ、これ。

そう言えるワイン。




(続く)





by happy-breeze | 2012-07-21 21:46 | 旨い酒を旨く飲む
<< 品質と味わい(その3) 品質と味わい >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧