酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



酒類管理研修を受講してきました。

11月25日(日)
酒類管理研修を受講してきました。

これは、3年に一度実施されており、お酒売り場にはこの講習を受けた人が一人いなければなりません。

つまり、スーパー・コンビニあるいはドラッグストアーさんがアルコール類(お酒)を販売している場合は、その店の誰かがこの講習を受けていなければなりせん。
要するに、お酒売り場の責任者はこの講習を受けている必要があるのです。

この制度はとっても良いと思います。
受講する義務が課されている訳ですからね。

本当はもっと厳しいルールを定義してもいい位だと思いますよ。

お酒の売り場、売り方、そこに資格を持った人がいる。
薬剤師とまでは言いませんが、それに準じるような捉え方。

まあ、そこまでは無理ですね。

でも、お酒を売ると言う行為をもう少し厳格にした方がいいと思いますがねえ~。

スーパー・コンビニあるいはドラッグストアーさんがアルコール類(お酒)を販売される場合は、そうですねえ、アルコール度数に制限を持たせるとか。
つまり、アルコール度6度までとか。
要するにビールまでしか販売出来ない免許上の規制があるとか。

その上で、こういう講習の受講が義務付けられている。
そんな感じ。

アルコール類(お酒)を販売するということは、すごく責任があるという自覚。
それを普通に一般社会にも同じように感覚的に捉えてもらう。

つまり、いつでもどこでも全てのアルコール飲料(お酒)を買う事が出来るということは、それはやはり無いでしょう。
という感覚。

何がしかの制約や規制はあるでしょう。
だって、お酒なんだから。

こういう感覚の方が普通だと思います。







[PR]
by happy-breeze | 2012-11-26 20:34 | 個人的な見方
<< パソコン本日入れ替え作業 スパークリングワイン(その1) >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧