酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



ワインの理解って一体どのようにすればいいの(その2)

ワインの理解って一体どのようにすればいいの?(その2)

具体的に言いますと

ドイツワインに多く使われる「リースリング」

QBAとかですと、フレッシュな酸。

キリッとしたとかの表現は似合わないかな。

これ、シャルドネなんかに使う表現ですね。

でも、階級が上がってアウスレーゼとかになれば、フレッシュな酸は感じませんよね。
(まあ、そういう表現がまだ出来る場合もあるにはありますが)

甘さとのバランスを取る意味での酸ということになります。

そうなると、リースリングの特徴をこの「酸」という言葉だけでは伝えられないということになりませんか。

リースリングには、リースリングの特徴があるでしょう。

でも、あまりにも先入観を持ちすぎるのもどうなのでしょう。

あくまでも、大まかに捉えておく。
それ以上はそれ程の意味はないのでは。
そう思ったりします。

よくあるのが、このワインはリースリングの特徴がとてもよく出ていますね。
というコメント。

これ、褒めているのですよね。

ならば、リースリングの特徴?というものがあまり出ていない?であろうワインは、どのように評価されるのでしょう。


ワインを勉強の対象とせずに感性で見て、飲み、そして覚えた方がいいのではないかなあ~。
と思ったりします。


頭の知識、先入観。
それに囚われることなく。


その時に、プロの方から説明といいますか、この酸はこういう酸ですよってね。

あれ、これは難しい?

いや、これを行ってこそワインが分かるのではないでしょうか。


2013.10.12


(続く)





[PR]
by happy-breeze | 2013-10-12 20:11 | ワイン
<< ワインの理解って一体どのように... ワインの理解って一体どのように... >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧