酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



いわゆる自然派ワインについて(その2)

いわゆる自然派ワインについて(その2)

この「自然派ワイン」に対して、私は、否定も肯定もしていません。

よく判らないから出来ないと言ってしまえばそれまでですが。

自然に造られた美味しいワインが、そりゃあ、良いに決まっています。

しかしながら、それが故に、ワインの出来不出来にどのように影響するのか。

自然に造ったけれど、いわゆる「ばい菌」に侵されてしまった。
なんてことがあったら、そりゃあ困るわけです。
(造っている人も、そして飲む人も)

流通業者の立場ですから、醸造過程はよく分かりませんが、美味しいワインを造るために何が適切なのか。

本当は、踏み込みたくはないのですが、そう余計なことですよね、流通業の立場ですから。
そして又、理解できるかどうか分かりませんが、まあ入り口くらいには行ってみようと思います。

よろしくお願いします。


2015.05.23
[PR]
by happy-breeze | 2015-05-23 19:54 | ワイン
<< キスの干物入手 春から夏は「貝類」とお酒 >>


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧