酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



カテゴリ:個人的な見方( 334 )


年末年始雑感

年末年始雑感

2016年がスタートしました。
昨年末から新年に掛けて、今までになく色々な事柄に触れたように感じています。
一つは、
昨年の12月に、ある日本酒愛好家のグループさんと一緒に「燗酒の会」を行いました。
自ら言うのもおこがましいのですが、飲んで頂いた日本酒の味わいに大変ご満足頂けたご様子でした。

「感動しました。」

とコメントを頂きました。

中々、オープンにこういう催しのご案内が出来ないのが心苦しいのですが、少しづつ日本酒を気持ちよく楽しんで頂ける切っ掛けになってくだされば嬉しい限りです。

ちなみに、このグループの幹事さんに頼まれて行いました。

この時、私自身も日本酒の持つ奥深さに改めて驚かされました。

私の日本酒に対する見方も少しだけ進化したかなと思います。
今年のスタートとして、その辺りを皆様にご案内出来るように取り組みたいと思います。

では、今年もよろしくお願い致します。

2016.01.05(火)
[PR]
by happy-breeze | 2016-01-05 22:35 | 個人的な見方

今年を振り返って

2015年今年を振り返って(日本酒編)

今年のキーワードは「熟成」でした。

日本酒では、当店で10年以上熟成させておいたものがほとんど売れてしまいました。
生酒の1年熟成させたものとかも同様です。

それと実は、ビンテージものの泡盛が20本程あったのですが、これもほぼ完売です。
ちなみにビンテージは2004です。

お陰様でそのどれもが、購入されたお客様から、素晴らしい、すごい、等々の感想を頂きました。

まあ、選んでおいた商品ですからね。
でも全てに自信があった訳ではありませんでした。

そういう意味では、これ程の反響があるとは驚きです。

今までの日本酒の古酒の概念からすると、かなりマニアックな日本酒通の方にしか好まれなかった。

しかし、
10年以上、中には20年ものもあったのですが、そういうイメージの味ではないのです。
私も、その中の幾つかを試すことが出来ましたが、もう素晴らしい味わいでした。

ちなみに
お酒の熟成に限らず、よく一般的に言われている「熟成」という概念に、「熟成とは、いわば腐りかけと紙一重」なんていうのがあるでしょ。
その何とも言えない美味しさが通を魅了する。
とか何とか。

あるいは「酸化熟成」がどうとか、こうとか・・。

もう、そんな概念など要らないですね。

理屈ではない美味しさがそこにありましたね。
本当です。

市場が、そして時代が変わっていく。
消費者がどんどん素直に日本酒の美味しさを理解し始めた。

今年ほど、それを実感した年はなかったです。

来年以降、この流れは加速すると思います。
店頭で、色々な日本酒を試飲してもらいながら、今までですと、「いやあお酒の味なんてよく分からないから。」
等々と言われていた、そんな感じのお客さまも、今ではほとんどの方がお酒の味を理解され始めましたから。

当店だけの現象なのでしょうか。
ちょっとまだ分かりませんが、
でも、これが正常な日本酒の市場なのだと思います。

笑顔で帰って行かれるお客さまを見送ることが、多くなったなあ~。
つまり、ご納得の買い物が出来た証拠です。

そんな年でした。
嬉しい年でした。

ありがとうございました。

2015.12.29(火)


(お詫び)
これらの商品をインターネット上でご案内することが出来ておりません。
まだまだ自分も勉強中です。
申し訳ありませんがよろしくお願い致します。
[PR]
by happy-breeze | 2015-12-29 22:56 | 個人的な見方

ロンドン寿司屋ユーチューブ見ていました。

なぜか、ロンドンに店を出された高級寿司屋さんのユーチューブを見ていました。

数年前のテレビ番組の特集のようです。
銀座の店を閉めて、ロンドンに・・。

そういう話題のある方なら、そりゃあテレビが特集を組むよなあ~。

興味本位で見ていたのですが、その理由?かな、その部分を抜き出してみました。

*******

銀座でずっと自分張って生きていくって大変ですよ。

俺は耐えられなかったよね
恐くて

維持していけないだろう自分が見えたから。

自分がね

もしかしたら、うぬぼれていくだろうっていうのが強かった

上から見下ろすような
自分になっていっちゃうよね

人を お客様を

そういうのが出てたんだよ きっと

そんなことないって思っても
そう出てたんだよね

だから、あの時やめてよかったんだよ

*******


いやあ~、自分も自戒しなくてはいけません。

なぜか、偶然に見たユーチューブの番組でしたが、ありがとうって思いました。

気持ち次第だなあ~。
物事は。

よろしくお願いします。

2015.12.28(月)
[PR]
by happy-breeze | 2015-12-28 23:26 | 個人的な見方

前項の続き(珈琲の飲用温度)

珈琲の飲用温度(続き)

もしかしてですけれど。
巷で少しだけ飲用温度の低いコーヒーが広まっていくとしても、それでもどこかの珈琲専門店では熱いコーヒーを出し続けて欲しいなあ~。

門外漢が書いてはいけないのかもしれませんが、日本酒の燗について見ていこうとする時、前提となる見方があると思います。
つまり、ある酒は、ぬる燗が美味しい、でも熱燗にするとバランスが崩れる。
またある酒は、熱燗、それも60度くらいの飛び切り燗もオッケー。
これは、酒のタイプとか、造り方とか、米の性質とか、色々と違う訳です。

実験しなくては分からないという部分ももちろんありますが、原因があって結果がある訳ですから、その実験の結果から、原因を探らなくてはいけません。

この捉え方をコーヒーに当てはめるとすると、
コーヒーというのは、すべてが同じなのでしょうか。

豆の種類や曳き方等々。
微妙に飲用温度における美味しさが違うとかないのでしょうか。


思いつくままに・・

失礼しました。

2015.11.12(木)
[PR]
by happy-breeze | 2015-11-12 09:30 | 個人的な見方

珈琲の飲用温度

珈琲の飲用温度

来客があったので、久しぶりに隣町の珈琲専門店に行きました。

出てきた珈琲を一口飲んで、「あれ、何だろう、飲用温度がちょっと低いような気がしました。」
特に店の人に確認はしなかったのですが・・。

この感想を他人に話していたら、「そういえば、何だか全体的にそんな傾向にあるような気がするなあ~」と言うではありませんか。

そうか、何かが起きているんだ。
ということは、熱い温度帯だと珈琲の味に何か余計な味が出てしまうとか、何とか、そういう実験データーとかが広まっているとか。

専門誌とか何かで発表でもあったのだろうか。

日本酒の燗についてまだ文章が書けていない段階で、この現象に出会ったので、ちょっと何とも言えない気持ちになりました。

だって、いつもの珈琲専門店の味が違うものになるということですからね。

これが一番美味しいのです。
と言われても、前の方が良かったと思う自分がいる訳でして。

う~む。
この辺りから文章を考えてみようかな。

2015.11.11(水)

(日記でした。)
[PR]
by happy-breeze | 2015-11-11 17:06 | 個人的な見方

出会いを大切に

10月29日(木)

今日は出会いを大切にしたいと思って、3軒の方を訪問してきました。

一軒目は、長野県中川村の米澤酒造さん。
ようやく、中川村を肌で感じることが出来ました。
本当に美しい村でした。
そして、こうした地方の魅力がそこのお酒の味わいとして表現されたなら、どんなに素晴らしいことかと思いました。

二軒目が、岐阜県瑞浪にあるコーヒー専門店「待夢珈琲店」さん。
美味しいコーヒーを自宅で飲んで欲しい。
その為にコーヒーを知って欲しいというマスターの今井さん。
そんなお話を聞きながら、自宅用にコーヒー豆とミルを買ってきました。

そして、三軒目が愛知県尾張旭市にある中華料理の店「菊花」さん。
こちらでは、中華料理店さんなのですが、ワインや日本酒にもご興味頂き店で提供されています。
ここで、ワインや日本酒について色々とお話しさせて頂きました。
お話が尽きなかったのですが、当店が扱う日本酒を評価頂きありがたいです。

ここでの話の中で、日本酒をどのように捉え、そして評価するのか。
店で出す日本酒をちゃんと理解しなくてはいけない。

言い出せば、日本酒って難しいなあ~となるけれど、でも、捉え方さえ分かれば決してそんなことはない訳でして。
堂々巡りの日本酒談義より、お互いに理解出来る日本酒の捉え方。
整理の仕方。

ホント、こうして私の話をすごく理解して頂ける。
喜んで頂けた。

お店にとっては、扱う酒を知って提供することは、言い換えれば料理の素材を知って美味しく出すことと同じこと。
そういうスタンスでの日本酒の理解。


こうして、出会いを大切にさせて頂ければ有り難いなあ~。

そんな一日でした。

(日記でした。)

2015.10.29(木)
[PR]
by happy-breeze | 2015-10-30 01:03 | 個人的な見方

コメントありがとうございます。

前項の記事にコメントを頂き誠にありがとうございます。

大変申し訳ありませんが、私自身のコメントは控えさせていただきます。

自分も色々な構想だけは持っているのですが、ここ数年に渡り足踏み状態が続いております。
コラムもしかりで中々書く暇がありません。

でも、何とか前に進むべく準備を整えています。
外部の方に依頼することも含めて、ハイ、行っています。

ただ、商品案内のページをアップすることが、これほど遅くては本当に皆様に申し訳ないと思っています。

商品は色々と入荷してはいるのですが・・。


ああ、そうそう、ワインですが。
自然を謳うワインは、当サイトでは「ナチュラルワイン」という名称を使ってはどうかと考えています。

また、お気づきのことがございましたらコメント頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

2015.10.28(水)
[PR]
by happy-breeze | 2015-10-28 10:16 | 個人的な見方

色々と忙しくしておりました。

(お詫び)
長い間、ブログを更新出来ずにおり大変申し訳ありませんでした。

色々と出会いがあったり、次の構想とかを考えたりとかしています。
そうそう、ここ最近何だか色々と日本酒のイベントが行われていますね。
ハイ、名古屋での話です。
どこにも顔を出していないのですが、
自分が行うことも無いままにおりますので、偉そうなことは言えませんが、う~む、小売業者として消費者向けの展示会は行ってみたいと思うこともあります。

まあ、イベント的なことは私には無理でしょうけれど。


兎に角、本当にとても多くのことが一気に押し寄せるかのように来ているので、ちょっと整理して順番にご案内出来ればと思っています。

よろしくお願いします。

2015.10.06(火)
[PR]
by happy-breeze | 2015-10-06 11:30 | 個人的な見方

今日の日記

5月14日(木)
本日は、とても多くの用事が重なり、それ故に多くの方にご来店頂きました。
業者さん、蔵元さん、そして日本酒のお客様と・・。

世の中、色々と動いているなあ~。
しかし、
オンラインショップの更新がまたまた遅れてしまいます。

そんな中、「酒屋慶風」の新プランを業者の方と打ち合わせしたのですが、ちょっと中止することになりました。

その経緯の中で、これを止めて、こういうことをしてみてはどうだろう。
という話しが出てきました。
又、話だけで頓挫するといけませんので、ここでは書きませんが、実現するといいなあ~と思っています。

でも、何事も出会いが全てかもしれません。
私は、
良き出会いを頂けているなあ~と感じています。

具体的なことが何も書けない日記になってしまいましたがご容赦ください。
よろしくお願いします。

2015.05.14
[PR]
by happy-breeze | 2015-05-14 22:26 | 個人的な見方

5月13日近況

ここのところ、ブログご無沙汰しており申し訳ありません。
書く材料は結構あるのですが、何かと時間を取られてしまって申し訳なく思っています。

ワインも私の中ではちょっと動きがあるのですが、日本酒もちょっとした動きがあります。

ワインも日本酒もこれから何をどのようにしていけばいいのかということが、ちょっと分かってきたかな。
(私の中では)
なので、自分としては結構楽しみなんですよ。
これからの自分が・・。

しかし、
ホームページ上での展開が、ホント、遅くて申し訳ありません。

ボルドーワインも
ドイツワインも
そして
新規の日本酒も

どれも案内出来ずにおります。

今しばらくご猶予頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

2015.05.13
[PR]
by happy-breeze | 2015-05-13 22:16 | 個人的な見方


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧