酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ワインには3つの試飲の捉え方がある

ワインのテースティングというと、ソムリエさんがとても素晴らしいコメントをしながらワインを表現することだと思っている方が多くおられることと思います。
でも、こんなことはソムリエさんにしか出来ません。
ちなみに私も出来ません。

そこで、3つの立場から行うテースティングをご紹介します。
というより、至極当たり前の事なんですよ。

まず、生産者さん。
彼らのテースティングは、要するに欠陥探しなんです。
商品として市場に出しても良いかどうか。
ここをクリアーしてから、ワインの特徴を表現することになります。
でも、ソムリエさんのような表現や伝え方は生産者の立場からはあまり必要がないでしょう。

そして、ソムリエさん。
彼らが言うところの「バラの香り」とか「スパイシーな香り」とかの表現は、実は共通の表現方法なのです。
つまり、この液体としてのワインを客観的に共通的に見ていくのです。
それで、どうゆうワインかを知ることになり、それが伝える言葉になるのです。

しかしながら、この表現が何を意味するのかを知っている人になら良いでしょうが、普通の人には、「わあ~、すごいなあ、でも、あ~、その~、よく分からないなあ」ということになりかねません。
本来は、そのワインを表現しているのですから、伝わらなければ意味がないのです。

では、普通の一般消費者の方のテースティングとは何かと言いますと、それは「好みのワインを探すテースティング」ということです。
スイートかドライか、コクは有った方がいいのか、酸味はどうなのか。
自身の美味いなあと思う尺度で試されればいいのです。

但し、好みに合わないから不味いということではない訳で、ここを間違えなければ良いのです。

それから、好みだからといって、「何でもあり」というのは違うと思います。
この事を文章で書くのはとても難しいのですが、要するにソムリエさんのようなコメントをするためにワインを勉強したり捉えたりする必要などさらさらないのです。

もちろん、飲みながらそうゆう表現も少しは出来るようになると思います。

ワインは、美味しく楽しむものです。
料理がますます美味しく冴えるように寄与してこそ本来の姿です。

自分の好みと美味しいワインを見つけるために行うものです。
その為に、何がいいワインかを知る事が大切なのだと思います。

ワインを知るとは好みを知ることでもあります。
但し、あの店のTボーンステーキにはどっしりしたタイプの赤ワインだね。
軽い赤じゃあ、合わないね。
というような楽しみ方を知ってワインを選ぶことが重要であり、それから、良いワイン、美味しいワイン、を見つけていくためにテースティングするのです。
それは、普段のワインとの付き合いをとても普通に行える事こそが大切であるということです。
「スパイシーな黒コショーの香り」なんて表現が出来るようになるのは、ず~と後からでいいのだと思います。

好みに合う、美味しいワインを見つけること。
それが食事と上手くマッチすること。

その為に、ちょっとしたポイントを知っておくことが一般のワインファンには大切なのです。
そうゆうテースティングレベルが上がる事を指して、ワイン通というのだと思います。
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-31 19:00 | ワイン

甘口辛口(その2)

日本酒の甘口辛口のコラムを考えていて、例によってワインとの比較から組み立ててみようと思いながらワインの甘口辛口に付いて考えていました。
すると、単純な疑問がわいてきました。
あれ、そう言えば、白ワインには甘口ワインがあるけれど、赤ワインには甘口ってないよなあ~。

理屈の上では、アルコール発酵なので日本酒もワインも同じです。
白ワインの場合は、葡萄の糖度とアルコール発酵後のワインの液体の中の残糖度で決まります。
赤ワインも基本的には同じです。
それなのに、赤ワインには甘口ワインが見当たりません。
う~む、謎だなあ。
それはいつか探ることにしましょう。

白ワインの甘口辛口は、普通に捉えればまあ理解できます。
そして、そのような味わいです。

今、日本酒度に代わる、新しい甘辛指標なるものが発表されていますが、要するに白ワインの甘辛と同じ捉え方です。
日本酒度は、ニアーイコール残糖度なのですが、比重が関係するので、一般の消費者に説明するには不向きな指標だと判断されたようです。

しかし、単純な指標では日本酒の場合はその通りの味として判断されません。
白ワインの方が、概ね簡単です。
複雑な白ワインもあるので例外もありますが。

単純な指標とはつまり、酸度と糖度の差が甘辛の判断基準なのです。

単純な分かりやすい指標も良いけれど、逆効果にならなければいいがなあ。

しかし、これはコラムとしてまとめる事が出来るだろうか。
日本酒の甘辛について、今まで多くの人が避けてきたことが分かるような気がします。
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-30 19:45 | 日本酒

クロワッサンにたまり醤油掲載のご案内

<予告>
8月に発売されるクロワッサンに「マルマタ」のたまりが紹介されます。

実際に発売されましたら、再度ご案内させていただきます。

手前みそで恐縮ですが、「マルマタ」のたまりは今となっては正に希少価値のたまり醤油だと思います。
そして味の方も、本当に素晴らしい。

夏の家庭料理、そうですね、カレーライスなんかに隠し味でちょっと、「マルマタ」のたまりを使ってみてください。
それと、そうめんのつゆに少し混ぜてみると、もう旨いコクが味わえますよ。
ホンのちょっと足すだけですよ。
それだけで美味しくなります。


商品紹介のページはこちらから
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-30 13:10 | 様々なご案内の記事

人生は出会いで決まる

人生は出会いで決まる。

よく耳にするこのセリフ、本当にそうだなあと思います。
そして今年はとても多くの出会いがあります。

ありがたいなあ。

良き出会いがあればこそ、ですよ、う~ん、ホント!!


それはそうと、ここのところちょっと用事が重なっていて、ホームページの更新を全く行う事が出来ませんでした。
大変申し訳ありません。
ただまあ、私としては有り難く充電期間を頂いたと思っておりますので、8月からは少しでも色々なかたちでご案内や催しが出来ればと思います。
よろしくお願い致します。
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-29 18:10 | 個人的な見方

甘口辛口

今、日本酒の甘口辛口についてコラムを書いています。
(もうかなり、時間ばかりが過ぎています。)
この分かりにくさが日本酒をより難しくしているのでしょうか。

やはり、葡萄から造られるワインは、その原料である葡萄の糖度と酸度からそのワインの甘口辛口がおおよそ決まってくるので説明としては分かりやすいですね。
白ワインは特に分かりやすいですね。
赤ワインは、まあそれほど簡単ではないようですが・・。

つまり、同じ「糖度」という言葉を使っても、日本酒はもろみの中の話な訳ですから、この辺りが中々、同じ指標を使って消費者に伝えにくいのかもしれませんね。

まあ、それならそれで、そこが日本酒たるゆえんと割り切って、その複雑さを売りに変えるようにすればいいのかもしれません。

でも、難しいなあ。

難解な飲み物にしてはいけないし・・。
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-27 09:10 | 日本酒

シャトー・ジュン

今日は、名古屋市内にて行われたワインのセミナーに出席してきました。
又も月末の月曜日。
参加しようかどうか迷ったのですが、会の主催者さんとは親しくさせて頂いている仲なので、ここは無理をしてでも行かねばと、思って、ハイ、行ってきました。
そこに山梨県から生産者さんが来ておられました。
その方が、シャトー・ジュンさんです。

このジュンというワイナリーは、衣料品メーカーさんが親会社です。
婦人服ブランドの「J&R」の会社と言えば分かるかと思います。
古くは、VANとJUNという若者向けブランドで一世を風靡した、あの「JUN」の会社です。
だから、シャトー・ジュンなのです。

実は、私はこのワイナリーの創業、つまり、あの「JUN」が日本でワインを造る事業に参入したことをあることが切っ掛けで知っていました。
31年前のことです。

ここで、この名古屋のワインセミナーで「シャトー・ジュン」の名前を聞くとは、いやあホント驚きました。

生産者の方は、とても感じの良い方で、田舎のワイナリーで手作業でワイン造ってます、といった感じのするホンワカとした穏やかそうな方でした。
この人が造るワインなら、「う~ん、一度飲んでみたいなあ~」と思いました。

これも縁ですからね。
将来、皆様に商品を紹介する日がくるかもしれませんよ。

こちらも、一度、山梨のワイナリーまで出かけてみたいと思います。
(まあ、すぐに行けるかどうか分かりませんが・・。)
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-26 19:08 | ワイン

若水生育状況0724

d0155465_21112589.jpg

d0155465_21114915.jpg7月24日(土)生育状況です。
暑い夏の日差しが降り注いでいますね。
でも、何だろう、その夏の日差しに青さが映えてとてもキレイですね。

日本の夏、田舎の景色は田んぼがキレイなので、すがすがしささえ感じます。
実際、田んぼは自然に廻りの温度を低くする効果があるそうですよ。

地球温暖化に効果ありかも・・。



撮影協力:澤田酒造株式会社様
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-25 21:13 | 日本酒

歴史散策

昨日は、ちょっと歴史を覗いていました。

前回、知多の歴史上の出来事で源氏の話を書きました。
その後、鎌倉幕府が開かれた訳です。
今、NHKの大河ドラマは幕末のヒーロー「龍馬」なのですが、ここで登場する、いわゆる倒幕派の薩摩藩は、「島津家」ですね。
この島津家のルーツは、源氏なのだそうです。
一説には、源頼朝のご落胤であるそうな。(諸説あり)

しかし、鎌倉から江戸時代に渡り、これ程の長期に及ぶ藩はそれほどはないのではないでしょうか。
九州だったからなのかなあ。
鎌倉、室町、南北朝、戦国時代、そして江戸。う~ん。
そしてようやく、幕末に表舞台に登場してくる訳ですからね。

源氏とか平家って、やはりすごい。

なぜ、こんなにすごいのかまたいつか探ってみたいと思います。

なぜ、歴史散策をしていたかといいますと、それはですね、先日、滋賀県の日本酒で「道潅(どうかん)」という銘柄の蔵元さんを知ったからです。
ここのパンフレットには、当主はあの太田道潅の末裔であると記されています。
名前は聞いたことがあるけれど、え~と、何をした人だったのだろう。
え~、江戸城を造った武将さん。
その後、お役目でここ滋賀県へ。
そして、その子孫が酒造りを始められたのだとか。

そんなこんなで歴史を散策していたら、上記のようなことを知ったりと・・。

でも、薩摩では「いも」から焼酎というお酒を造り出した訳ですが、これもすごい事だなあと思います。
要するに、地域振興をして国(藩)が富まなければならない訳で、どんな作物を作るのか、それを今度は少し頭をひねって何か商品に仕立ててみなければ、う~ん、そしてはたまた、それが他国に売れるのかどうかですからね。
そうゆう中で、庶民の飲み物として「いも」からお酒が造られたのでしょう。

考えてみれば、現代も昔も同じなのですね。
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-19 07:38 | 個人的な見方

菊石の酒

先日、蔵の方へおじゃましてきた「菊石」についてもう少し書いてみます。

今、私は地元愛知の酒として、「木花(このはな)特別純米酒」と「菊石純米酒」の2つをメインに据えています。
別に他の愛知県の蔵の酒が劣るという判断をしてのことではありません。
この2つが、私の感性に合ったという事です。

この蔵訪問で、菊石の酒の秘密とでもいいますか、ちょっと大袈裟な言い方なのですが、ちょっぴり触れることができたように感じました。
それは、「蒸す」という行為について、その本来の有り様をきちんと押さえておられたことです。
「蒸米」こそが、酒造りの最も肝心要である。
麹造りには、より良い「蒸米」が前提なのです。

良い蒸米とは何か。
それには、蒸すというメカニズムを知らなくては始まりません。
昔の人は、そこに試行錯誤しながら工夫を重ねていかれたのだと思います。
そこから導きだされたものが、伝統として伝承されているとうことです。

この時に昔は、自然の中から見つけ出すという感じですかね。
こうすれば良くなる。
という試行錯誤を行っていたのでしょう。

今は、このメカニズムを機械装置に置き換えようとします。

お焦げのできる炊飯ジャーなんて最高級品ですからね。
あれ、ちょっと脱線しました。失礼しました。

自然に造る。手造り。
という言葉は、ただ野放しに自然に出来てきた物ということではない訳です。
如何に、自然と対話し、自然の法則を見つけ出すか。
そこに人の手が加わって、よりよい方向へと酒造りを導いていく。
そうゆう感想を持ちました。

この辺のことは、我々小売り業の者が通り一遍に蔵を見学したからと言って分かるものではありません。

しかし、酒に現れています。

ああ、だからね。
あの酒になるのか~。う~む。そうゆうことなのか。

私にとって、この感覚があるかないかはとても重要なことです。
というより、これがなければ、次のアクションが起こせません。

酒を造っていないこの時だからこそ、色々と話ができたのかもしれません。

いやあ、ホント、良かったです。
ありがとうございました。
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-18 08:59 | 日本酒

若水生育状況0710

d0155465_12483474.jpg
おお、すごい!! こんなに成長しています。
7月10日(土)
d0155465_12501939.jpg

何だか、だんだん繁ってきましたね。

そして、梅雨の晴れ間ですね。
久々の好天です。

稲の成長を見ることが、とても楽しみになりました。

撮影協力:澤田酒造株式会社様
[PR]
by happy-breeze | 2010-07-16 12:48 | 日本酒


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧