酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



<   2011年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧


割り水燗

割り水燗

日本酒で、通常の商品として出荷しているお酒のアルコール度数は、大概は15%台です。

瓶詰め前にタンクの中の原酒(アルコール度数18~19%)を15%台まで『割り水』してから製品化しています。
そこで、飲みたい量のお酒に、どれくらいの水を入れたら、どれくらいの度数になるの?

まずはこの式を。

(1)もとのお酒の量(ml)×(2)表示するお酒のアルコール度数(%)÷(3)目標のアルコール度数(%)=(4)割り水したお酒の量(ml)。
(4)から(1)を引いた差が、足す水の量ですね。

例1:15.5%の純米酒の1合分を14%まで割り水燗する場合。
(1)180ml×(2)15.5%÷(3)14.0%=(4)200ml

4)-(2)=20mlの水を、(1)と混ぜ合わせてお燗をつけると、14.0%の割り水燗の出来あがりです。

例2:18.5%の純米原酒の1合分を15%まで割り水燗する場合。

(1)180ml×(2)18.5%÷(3)15.0%=(4)約220ml

(4)-(2)=40mlの水を、(1)と混ぜ合わせてお燗をつけると、15.0%の割り水燗の出来あがりです。

【注意点】
*どんなお酒でも、割れば飲みやすくなるとは限りません。
味のバランスが崩れてかえって飲む気が失せてしまう場合もあります。


上記の文章は、島根県の地酒「天穏」板倉酒造さんのホームページより拝借した文章です。

よく、当店でも試飲会で、この「割り水燗」をするのですが、出来る銘柄がかなり限られているので、ご自身のホームページにこうして書いてあるのは初めてみました。
なので、早速に拝借つかまつりました。

しかし、数式なんて見るともうダメなんて方もいらっしゃるでしょう。
×とか÷とかが並んでいたら、もう読みません。
それから、お酒を飲もうという気になれないかも。

もちろん、適当にやって頂ければいいのですが、ちょっとだけこうゆう事を知っていると、後はもう便利に使えます。
しらふの時に、ぜひしっかりと覚えて於いて頂いて、ぜひチャレンジしてみてください。







[PR]
by happy-breeze | 2011-05-29 18:43 | 日本酒

聴いています。

負けないで ZARD 坂井泉水
揺れる想い ZARD 坂井泉水

夢をあきらめないで  岡本孝子

理由。
彼女(坂井さん)の命日だから。
で、
夢をあきらめないで  岡本孝子
は勇気をもらうから。

何せ、この歌詞、ホント、ピッタリきます。

熱く生きる瞳が好き
あなたが選ぶ全てのものを信じている

もう、こんなこと言われたらねえ。
あ~、私に言っているんじゃないか。
でも、だから、そう捉えて、がんばれます。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-28 19:55 | 個人的な見方

羹に懲りて膾を吹く

羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)

失敗に懲りたあまり、用心深くなりすぎることのたとえ
だそうですが、
そうゆう生き方になると、チャレンジしなくなる訳で、
やはり、これではいけないでしょう。

ちょっと、今日、色々と見ていたら、こんな言葉に行き会ったので、書きました。

これでは、社会から認められない。
酒屋として、認められるよう頑張りたいと思います。

失敗も多いですが、でも、懲りることなく、チャレンジしていきたいと思います。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-27 20:06 | 個人的な見方

そろそろお中元の季節がやってきます。

そろそろと言いますか、後一ヶ月くらいでお中元の季節がやってきますね。
そこで、一般的なことをおさらいしておきましょう。

<< お中元のマナーQ&A >>
Q.いつ贈るの?
A.地方によって若干違なる場合がありますが、最近は、7月の初めから中頃に贈るのが一般的のようです。
うっかり忘れて時期を逸した場合には暑中見舞いあるいは残暑見舞いにします。

Q.誰に贈るの?
A.特に決まりはありませんから、「日ごろお世話になっている人」に贈りましょう。

Q.のし紙は?
A.表書きは「お中元」か「御中元」で、水引は、紅白の蝶結びを用いるのが一般的です。

Q.お返しは必要?
A.お中元のお返しは基本的に必要ではないとされています。
  もちろん、その判断は相手とのお付き合いによりましょう。

ただし、相手に対する感謝の気持ちを知らせる上でお礼状は出すようにしましょう。
お礼状は品物が無事に届いたことを相手に知らせる上でも礼儀の上でも大切だと思います。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-27 09:10 | 個人的な見方

菊石大吟醸金賞受賞

平成23年 (平成22酒造年度) 全国新酒鑑評会
(共催:独立行政法人酒類総合研究所、日本酒造組合中央会)で、愛知県豊田市の「菊石」が「金賞」を受賞しました!

菊石大吟醸を「お父さんありがとう」にして父の日ギフトとして予約を受け付けています。
但し、この金賞受賞した商品ではなく、酒造年度が一年前の商品です。

金賞受賞酒は、おそらく夏ごろに発売されると思われます。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-26 08:52 | 日本酒

センス・オブ・ワンダー(続き)

今日、センス・オブ・ワンダーのことを人に話した時、著者がレイチェル・カーソンという女性だそうです。と言ったら

ああ、レイチェル・カーソンですか、「沈黙の春」ですね。
有名ですよね。

と言われました。

いやあ~、知らなかったのは私だけ。
ちょっと恥かいてしまいました。

何せ、書評を書かれている某大学の先生曰く、「一生勉強」ですからね。
そのつもりで、恥なんて気にしません。

いやあ、「一生勉強」の本当の意味が書かれている、といいますか、その意味が分かったので、これ程の出会いはありません。

ホント、ありがとうございました。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-25 21:20 | 個人的な見方

センス・オブ・ワンダーという本を知りました。

書評を拾ってみました。

私は、美醜から始まって善悪や真偽に発展していくのが、学びのあり方だと考えています。自分が美しいと感じることに理由を見出していくこと。その美しさが真実のものかどうかを探求していくこと。それが本当の学びだと思うのです。

逆にいえば、学ばなければ、美醜の感覚が善悪や真偽に結びついていかないということです。その結びつきが見えるということは、それまで気づかなかったことに気づくということであり、自分を捕らえていた考え方から解放されるということでもあります。したがってこういえます。学ぶことの最大の意味は人を自由にしてくれることであり、それ故に、人は幾つになっても勉強を続けなければならないのだと。


いやあ、ホント、そう思います。
私、「酒屋慶風」というサイトを開いたのも、「品質の良いおいしいお酒って何だろう。」が始まりです。
もう、この書評をみてビックリ。
「我が意を得たり」とはこのことを言うのだなあ~と思いました。

早速に取り寄せてみたいと思います。

『センス・オブ・ワンダー』はレイチェル・カーソンという女性が書かれたそうです。故人です。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-23 11:41 | 個人的な見方

酒屋慶風ネットショップのトップページ

酒屋慶風ネットショップのトップページに以下の文章を載せました。

「 酒屋稼業は「幸せ配達業」。
飲まれる方に、美味しい酒だと言って喜んで頂くこと。
お届けする商品が、ご家庭の美味しい食卓に寄与して笑顔になって頂くこと。
そんな慶びをお届けする「慶びのそよ風」になることこそが酒屋稼業なのだと考えます。
それで、当サイトは 酒屋慶風(さかやけいふう) と名乗っております。」

ちょっと、気恥ずかしいです。
よろしく、お願い致します。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-22 17:26 | 個人的な見方

何てお読みするのですか。

ある会社さんから、ネットを見たからと言って営業の電話を頂きました。
営業や売り込みの電話は、ほぼ毎日のように掛かってきます。

インターネットに関しての営業の電話だったことと、新しい取り組みであるという事なので、少しお話を伺いました。

ところで、私のどのサイトを見てお電話を頂いたのですか、と尋ねると、
え~と、これは何とお読みするのでしょうか。
「さけ、え~、・・・、ちょっと読み方が分からないのですが・・。」

う~む、私のサイトは読めないのだ、と初めて知りました。

これもいい意味で、分かったこと。
早速ふり仮名を書いておこうと思いました。
でも、ただ「ふりがな」を書いてもナア。

まあ、でも、デザインする訳にもいかないので、どこかに書くようにします。

「さかやけいふう」

と。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-18 19:36 | 個人的な見方

絵手紙/笑う門戸に福きたり

d0155465_9584626.jpg

絵手紙をいただきました。
厳しい商いが続くので、こうして、励ましてくださいます。

こうゆう心遣いがある世の中、そんな出会い、嬉しいです。
だから人は、こうして何とか気持ちを保ちながらやっていけれるのかもしれません。

ありがとうございました。
[PR]
by happy-breeze | 2011-05-18 09:58 | 個人的な見方


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧