酒屋慶風・丸又商店 横地準 の店長日記



<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


豊田の酒・菊石「菊花の宴」入荷しました。

d0155465_1856057.jpg
豊田の酒・菊石 ひやおろし 純米原酒「菊花の宴」
入荷しました。

菊石自慢の純米酒原酒をゆったりと楽しむ
そんな秋のひとときはいかがですか。

菊石の秋の限定酒第一段!
菊石 ひやおろし 純米酒原酒 「菊花の宴」

菊石 純米酒原酒 菊花の宴
720ml 1,890円(税込)
http://hybreeze.net/SHOP/01005006.html

菊石 純米酒原酒 菊花の宴
1,800ml 3,780円(税込)
http://hybreeze.net/SHOP/01005005.html


2015.09.26(土)
[PR]
by happy-breeze | 2015-09-26 18:53 | 日本酒

自然なワイン

自然なワイン

自然を謳い文句にしたワインを少し仕入れました。
これらのワインを当サイトに於いて、どういう風に表現すればいいのか、ちょっと迷っています。
(かなり前にもブログに書いたのですが未だにです。)

日本では、一般的に「自然派ワイン」および「ビオワイン」という言葉が定着しています。

この言葉を使ってご案内すれば、そりゃあ事は簡単なのですが、如何せん私にとっては、この「自然派ワイン」そして「ビオワイン」の定義がよく理解出来ないのです。

自分が分かっていない以上、その言葉を使用する訳にはいきません。

例えば、あるワインが
ビオディナミ認証を受けています。
という情報は、インポーターさんからの提示があれば載せていきます。

ならそのワインは「ビオワイン」でしょ。
となるのですが。

これ微妙なんですよ。
私の中では。

あと、「SO2」の使用に関しても、これも同じようにインポーターさんからの情報は載せていきます。

う~む。
まあ、もう少し考えます。

ただ言えることは、「自然を謳うワイン」が素晴らしい。
だから美味しい。
これしか扱わない。

というようなことを言うつもりは毛頭ないということです。

私の中では、あくまでも「ジャンル」の一つです。

そういうジャンルのワインで、その中で、美味しいワインを飲みたいという方に向けてのアプローチです。


よろしくお願いします。

(日記でした。)

2015.09.26(土)
[PR]
by happy-breeze | 2015-09-26 12:38 | ワイン

ワイン市場の正常な変化を感じます。

(昨日のブログ記事は削除しました。)

今、ワインは市場が素直に機能し始めたと思うようになりました。

つまり、素直に受け入れてもらえるようになってきたと思います。
今までは、情報や知識ありきの様相でした。

実は10年以上前から
ブルゴーニュ サン・ブリ ソーヴィニオン・ブラン
のドメーヌものを通常在庫しています。

ドメーヌ・ジャッキー・ルナール。
ルナールおじさんの造るサン・ブリです。

場所は、ブルゴーニュでも最北。
ロワールに隣接し、シャブリのやや南東です。
一応、ブルゴーニュで唯一「ソーヴィニオン・ブラン種」が栽培されているところです。

このサン・ブリは、日本では、ほとんどの場合、大手有名ネゴシャンの品揃えの一つという位置づけです。
ほとんど添え物扱いです。

置いていてもほとんど売れません。

ところがこのワイン、程の良い辛口白ワインで美味しいのです。
和食とも相性が良いと思います。

香りには、シャルドネほどではないですが、まあ柑橘系の香り。
そこに、程よくパッションフルーツ系の香りが混ざります。

味の方も、キリッとしすぎない、ほどの良さ。
決して薄っぺらく感じない美味しい果実味。

このワインを名古屋の和食処で扱ってもらったのですが、確実にリピートしていただけます。

いやあ~、ようやくそういう素直な時代になってきたなあ~。

何せ、ワインを飲む、扱うということは、知識と情報、それに薀蓄。
もう、大変です。

もっと素直に、美味しいと思うワインを楽しめばいいのに。
その為の、材料としての知識であり情報なのだと思います。


2015.0921(月)
[PR]
by happy-breeze | 2015-09-21 11:28 | ワイン

地方の蔵元さんとの取引

(前項の続き)

地方の蔵元さんの多くはすごい山の中にポツンとある。
という訳ではありません。
もちろん、東京や大阪の大都会の街中にはそりゃありませんが、でも地方都市ですとその街の中にあります。

そういう地方都市の商圏を相手に成り立っていたということになります。
今迄、ホント、地元でしか流通していなかった商品を、これからは県外に売っていかなければなりません。
そのルートも持っていないところから、商いのやり方も分かっていないところから、一からのスタートです。

そうであれば、逆説的に考えてみると埋もれている銘酒があるという事にもなります。

そんな出会いがもしあれば、ご紹介してみたい。
そう思う自分がいます。

実際、無名ですからね、中々売れません。
でも、蔵元さんとお酒のことを話しながら商いをさせて頂けるので、いやあ楽しいですよ。


しかし、現実的に遠くから商品を仕入れる場合、運賃が掛ります。
数をまとめれば、つまりロットをまとめれば送料は負担してくれます。
でも、そんなに仕入れることが出来ません。
ロット問題ですね。

これはもう解決出来ないとされています。

でも、何か流通で協力的な仕組みが出来ないものだろうかと私は思っています。

昨日も、ある蔵元さんとそのアイディアをお話させて頂きました。

どこかでモデルケースが出来るといいと思うのですが。

無理かなあ~。
いやあ~、出来ると思うけれど。

2015.09.17(木)
[PR]
by happy-breeze | 2015-09-17 08:46 | 日本酒

東北六県の酒祭りに行ってきました。

東北六県の酒祭りに行ってきました。

9月13日(日)東京フォーラムで行われた日本酒のイベントに行ってきました。

ものすごい混雑を予想していたのですが、入場者数の制限が行われていた為なのでしょう。
それと、入場チケット料金もそれなりのお値段でしたから、まあ程よい入場者数と言う感じで上手く会場内を回ることが出来ました。

東北の酒は、う~む、なぜか東京より西ではそれ程なじみが無いように感じます。
さて、どんな出会いが待っているのでしょうか。

商談の会ではもちろんありません。
消費者向けのイベントに小売り業者がお邪魔しては本当はいけないのかもしれませんが、まあ今回は大目に見て頂ければと思います。

私の中では、新しい出会いといいますと、これがですね。
何と1件だけでした。

こんなに沢山の蔵元さんが一堂に会しておられるのに失礼にも程がある。
う~む、そうかもしれません。

人気のある蔵元さんのブースには行列も出来ていました。
また、人が途絶えない蔵元さんもありました。

でも、出会ったその蔵元さんのブースは、それ程でもない様子です。
で、飲んでみたら。
あら、良いお酒じゃないですか。


何を基準にしているの?
と思われたことでしょう。


ここをお伝えしないと意味が無いのですが、これが中々上手く書けません。


さて、それともう一蔵。
ここはすでに取引をさせて頂いてる山形の羽根田酒造さん。
ここの息子さんがブースに立っておられました。

実はここでちょっとしたことがありました。
数種類の酒を一通り試させてもらって、まあ、忌憚なく意見を言ってみました。
まあ、そんな折り
そこに若い女性の二人連れがブースに立ち寄って、私の横に立っってお酒を飲みながら私に話しかけてきました。

そこで、私は先に飲んでいたので、その味の説明を蔵元に代わってしてみました。

そうしたら、その理解されていくリアクションを見ながら、蔵元さんが驚いてしまわれました。

すごい。
こんなに上手にウチの酒を消費者に伝えてくれるなんて・・・。


でも、これをやるからこそ意味がある。
こういうイベントで最も大切なことだと思います。

(続く)

2015.09.14
[PR]
by happy-breeze | 2015-09-14 16:36 | 日本酒

ワイングラスセミナーを受けてきました。

平成27年9月8日(火)ワイングラスセミナーを受けてきました。

世界的に有名なR社のワイングラスセミナー。
前から受けたかったのですが、名古屋での開催は数年ぶり。
ようやく私の日程とのタイミングが合って、受けることが出来ました。

ブルゴーニュグラス、ボルドーグラス、そしてシャンパン用のフルートグラス。

まあ、この3つは今では当たり前になっている感があるのですが、いやあ~、さらに進化していました。

と言うより、再認識プラス進化版といったところでしょうか。

セミナーの内容を事細かくこのブログに書く訳には行きませんが、(著作権があるかもしれません。)小出しにしてどこかでお伝えしていこうと思います。

しかし、ワインというお酒とそれを楽しむ人々との関係が益々素晴らしい関係になってくる。
そう思いました。

だってその為のグラスの開発ですからね。

2015.09.08
[PR]
by happy-breeze | 2015-09-08 18:20 | ワイン

鮎正宗 スパークリングワイン入荷しました。

d0155465_21595571.png
新潟の鮎正宗酒造さんから
Sweetfish Sparkling Sake 
が9月1日に新発売されました。

ほのかな甘さと、酸味のあるさわやかな口当たり。
きめ細やかな泡が織りなす心地よいハーモニーを
ぜひお楽しみください!

発泡性
精米歩合 65%
アルコール分 6度

容量:240ml   648円(税込)

商品は入荷しています。
オンラインショップでのご案内はもう少し後になります。

よろしくお願いします。

2015.09.02(水)
[PR]
by happy-breeze | 2015-09-02 22:02 | 日本酒


日々の出来事や想いを、そして新着情報や蔵便りを書いています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク酒屋慶風&丸又商店
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
熟成とブレンド
at 2016-04-08 21:21
酸度3.3の酒
at 2016-04-02 22:00
伏見の酒
at 2016-03-27 15:17
ロゼワインの飲用温度
at 2016-03-21 10:09
長い間、このブログに何も書け..
at 2016-03-20 11:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧